«

»

8月 16

シルクニット製品のお手入れについて

■ 洗濯について
ドライクリーニングをご指定ください。
汗やシミの付いたまま長時間放置しておくと変色したり、汚れが落ちにくくなる場合がありますので、目立つ場合は固く絞ったタオル等で叩くなどして、速やかにクリーニングに出すようにしてください。

(ご家庭でのお洗濯について)
ドライクリーニング用洗剤を用いてご家庭で手洗いしていただくことも可能ですが、干す時には物干しネットやボディハンガーを利用し、伸び・型崩れに十分ご注意ください。

■ ひっかけ
着用時にベルトやバッグ、指輪など引っかかりにご注意ください。引っ掛けによる糸の飛び出しは決して糸を切らないようにして、縦横に生地を引っ張りながら元に戻してください。

■ 着用後、旅行先などでの一時ケアー
着用時の汗による湿気を帯びたままではシルクにとって好ましくありません。
着用後は風通しのよい直射日光に当たらないところでハンガーに吊るしてください。
また雨水に濡れた場合は、乾いたタオル等でこすらないよう水分を吸い取り、直射日光に当たらない風通しのよいところに干してください。

■ 保管
シルクはウールやカシミヤといった羊毛素材に比べれば虫の被害は少ないですが、防虫剤の使用をおすすめします。
この際、直射日光や強い光があたる場所を避け、密封されるようなビニール袋には入れないでスポンジなどの付いたニット用ハンガーを使用し吊るすか、長期に保管される場合はシワにならないようにたたんで収納ください。

 ■ シワとり
スチームアイロンを使用するか、あて布をして120~130度の中温で軽くかけてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>