10月 11

国際アパレルEXPO出展

第4回 国際アパレルEXPO秋 展に出展します。

◇11月7日(月)~9日(水)

◇東京ビッグサイトにて

 

初めての出店で準備不足が否めないですが、新商品を市場に問う絶好の機会。

ドキドキです。

10月 11

きものでぶらり♪ちりめん街道2016

今年もイベント満載の季節がやって参りました。
地元、ちりめん街道一帯で行われる一大イベント???

今年も昨年以上の街道市出店者でにぎわいを見せます。

この機会に着て見て!

facebookページで最新情報を確認ください。→ 着てみて!きものでぶらり♪ちりめん街道2016

kimonode2016

 

◆開催日時

平成28年10月23日(日) 午前10時~午後3時30分

◆開催場所

ちりめん街道一帯(与謝野町字加悦・後野地内)

◆内容

<イベントの主な内容>

きもの来場特典 ●お茶席 ●プロカメラマンによる写真撮影 ●人力車乗車体験 ●無料着付サービス

◇イベント 10/23(日)

①空き家・空き空間を活用した「街道市(飲食・物販・体験・展示)」

②レンタルきもの着付け及び持込きもの着付け *レンタル着物は1,000円(肌襦袢・足袋は別途)

③懐かしの子ども向け遊びコーナー

④きものパレード

⑤着物の方への特典(人力車乗車、お茶席、写真 など)

⑥金色蚕糸神祭(実相寺、9時30分~ *商工会主催)

⑦加悦谷高校パフォーマンス(合唱部アカペラ・書道パフォーマンス)

⑧加悦小学校の合唱

⑨ライブスチーム乗車体験&Nゲージ操作体験(旧駅舎・加悦鉄道保存会主催)

⑩きもの暖簾展示(後野下之町)

◇ 前々夜祭 10/21(金)

①子育て映画観賞会 場所/旧川嶋酒造(昼・夜)

②丹後文政一揆歴史講座(講師/吉野健一氏) 場所/旧尾藤家住宅 (19:30~)

③露地行灯 場所/ちりめん街道一帯(17:00~21:00)※前夜祭も実施

◇ 前夜祭 10/22(土)

①癒しのコンサート(お琴とバイオリンのコラボ) 場所/旧尾藤家住宅(19:30~)

②1日限定Bar「Yaku-Bar(やくばー)」 場所/旧加悦町役場(18:00~21:00)

 

5月 28

ちりめん街道きものマーケットのお知らせ

ちりめん街道きものマーケットのお知らせ

今年も実施されます。

2016年6月4日(土) 10時~17時

ちりめん街道を巡りながら様々なきもの楽しみ方を味わえます。織元さんや呉服屋さんから「きもののあれこれ」を教わりながら自分好みのきものを見つけましょう。きものだけでなく楽しく巡る催しも街道のあちこちに!!

 

 

・浄福寺 :「心を装うきものさいと楽しい仲間たち」
きもの古着マーケット ヘアメイク 小物
きもの着付け 要予約(11時~15時)
・浄福寺境内 :もちーむ もちLIVE(餅つきWS)
織り姫食堂 本場インドカレー
チャイ コーヒーなど

・川嶋酒造酒蔵 :「多国籍ローカルフードキッチン」
タイ料理やイタリアンなどなど
地元食材を使った”ホンモノ”フード   

・旧尾藤家住宅 :SachiさんのJapanese tea お煎茶野点
(要入館料)

・細川邸 :柴田織物、糸あそび、糸利 よさの織元ショッ

・下村邸 :きものいけべ「着物で人生をつきぬける」

・池田邸 :mogmogかふぇ
きものリメイクショップ

 

 

着て見て楽しんで♪♪ きものでぶら~り・ちりめん街

 

2月 20

ひなめぐり織姫マルシエ

ひなめぐり織姫マルシエ開催のご案内

    2015年3月1日(日) 

  • 織り姫マルシエ 10:00~15:00

  • 織り姫ライブ   18:00~20:00

ちりめん街道 界隈にて 開催

 

ひなめぐり織姫マルシエ ひなめぐり織姫マルシエ2

 

毎年恒例のちりめん街道ひなめぐりが(3月1日~3月8日)開催されますが
初日の1日のみ、『ちりめん街道女子会』主催の 織姫マルシエ が開催されます。
手作り小物、雑貨販売、屋台村cafe、LIVE などなど楽しい企画が盛りだくさん!

是非足を運んでください。

 

 

 

 

 

 

5月 15

パール付スカーフのご紹介

 当社でロングセラーとなっているパール付スカーフですが、着こなしの問い合わせが多いため、今更ながらですがまとめてみました。

パール付スカーフの特徴はメッシュ状の長方形の編地に、鎖あみを施したものですが、デザイン性と機能性を兼ねてパールビーズを通しています。パールの重みと形状によって、いろんな着こなしが楽しめる逸品です。

 

以下着こなし例です

 

ただ羽織るだけです。

s-DSCF1392s-DSCF1418

 

 首に一回巻くだけ

s-DSCF1397

 

一回巻いて中から出す。

s-DSCF1391

ネクタイ結び

s-DSCF1429

 

シンプルにマフラー結び?

s-DSCF1452

ショール風に

s-DSCF1402s-DSCF1410

ちょうちょ結び?

s-DSCF1408

 

 

もっといろんな着こなしがあると思いますが以上参考まで。

 

 

3月 21

メンズのニットジャケット

メンズのジャケットを注文いただきました。

通常ニットジャケットと言えばカジュアルな感覚でとらわれていますが、
素材がシルクなのである程度の
高級感も出さなくてはならないといったところで
どのように表現するかでかなり悩みました。

試行錯誤の結果、ニット生地の特徴(伸縮性のある生地)と、
メンズジャケットのカッチリしたイメージを合わせ待ったなかなかの出来栄えで完成しました。
 

 
編地は4本(4色、4種)の引き揃えメリヤス編み。
光のあたり具合で光沢感が出ています。


 

サイドベンツ仕上げ(しつけ糸ついたままですが)

お客様のリクエストでポケットは斜めに、しかもインポケットで

 

財布や、名刺を入れるため内ポケットも設け、実用度もアップ

 

3月 21

糸の準備2

下撚りの後、撚りを定着させるため高温で蒸します。

 

 

 

蒸しあがって乾燥させた後、合糸作業をします。
下撚りの糸の太さのままでは細すぎるため、3本の糸を1本に合わせて
もう少し太くしているところです。

 

 

 

 

 

再度、イタリーで撚糸をします。このとき下撚りとは反対の撚りを掛けます。

 

 

以降、撚りおわった糸を同様に蒸し器で糸を蒸して
コーンに巻きあげます。

 

これで下準備の糸ができあがりです。

棚に一時保管しています。

 

3月 05

ひな人形飾ってます2013

月日が流れるのが早いもので、今年も雛人形の季節がやってまいりました。

ちりめん街道一帯で、明治から昭和期のひな人形を沿道の民家で展示する「ちりめん街道ひなめぐり」
が始まっています。
期間:3月3日~17日まで

今年は展示する家も増え15軒となりました。
本日で3日目となりましたが、初日の3日は天候に恵まれたせいもあり、300名を越える人々が街道沿いに見えられ、用意していた景品も足らなくなってしまったそうです。

我家も例年のごとく展示しておりますが、知り合いから譲り受けたものもあり、そこそこの数を展示しております。

知人より譲り受けた羽子板です。

2月 06

糸の準備その1

糸の準備です。

染め上がった糸です。これで約35デニールの太さ。
(精錬無しで)生染したものです。

 この糸を糸繰りします。カセの状態からボビンに巻き取るという作業です。

 

その後は巻直して、イタリー(撚糸機)で糸に撚りをかけます。
撚りをかける事で糸に強度が出ます。

(作業工程と撮影のタイミングの違いで、違う色の糸になってます)

この撚りは約400回転/mぐらいで、一般的な縮緬(ちりめん)織物に使用する糸ほどは
強い撚りはかけませんが、この撚り加減が最終製品に大きく影響するのです。

この下撚りは約10日間かかります。

 

 

1月 11

原料の入手

昨年末に注文していた、原料(シルクの糸)が届きました。


そこで年々貴重になっていくシルクの糸についてちょこっと記述させていただきます。

一般的にシルクというと、真っ白い透明感のある光沢をもつ糸を思い浮かべますが、違う言い方で家蚕糸と言い、家屋の中で飼育されたものです。 弊社のシルクニットは柞蚕糸(野蚕糸)を使用しており、屋外で放し飼いにして飼育された蚕のマユから精製されています。大半が中国で飼育されています。

柞蚕糸の特徴は、家蚕糸に比べ不均一で微妙なムラがあるため、着物ではあまり用いられませんが、その不均一な構造上、微妙な光沢感と、適度な張りがあるため、ニット製品として編み上げたとき適度なコシが生まれます。

しかしながら近年この柞蚕糸は生産量も減少し、入手が困難になってきております。価格も高止まり状態。
生産量の減少もさることながら、日本以外の国との取り合いになっているのが現状です。

弊社は生糸商社さんを通じて購入させていただいてますが、今度入手できるのは、10月以降とのことです。それまでフリーの在庫が日本には無いということです。毎回のことながら改めて貴重な原料であることを実感させられました。

古い記事へ «